目標の設定を再確認しよう!

人にはいろんなタイプがあります。 まずは、自分の学習スタイルが、最適なのか診断してみるってのも良いかもね。 そして、予備校での学びも含めて、自分の学習スタイルをデザインすることを大切にしていくと見つけやすくなりませんか。 聴いて覚える人や読んで学ぶ人、いろんなタイプがいるからね。

内容を吟味しよう!

体験入学などをフルに活用して、内容を確認してきましょう。 弱点を補修して予備校に入学し大学での理解度も高めるためにも、どのような内容になっているのか。 カリキュラムは、どんな設計となっているのか。 できるだけ、聞き出せることは確認しておきたいものです。

学習にかける時間の量とタイミングを確認しよう!

試験勉強にかける時間の考えはどうですか。 現在は、社会人になっても学び続けていくことが求められているようです。 予備校での勉強時間を含めて1日で学ぶ時間も把握しておきたいものです。 時間を費やすことが全てではないですよね。量と質の確認を自分で測れる仕組みも自分なりに見つけておくことも忘れないでくださいね。

学習スタイルを確認しよう!

誰しも目標があって、入学したい学校に向けて、予備校を選択しようとしていることだと思います。

世の中の変化が目まぐるしくなっている現在、学年ごとに受験対策も違ってきているのが現状ではないでしょうか。
そのスピード感が感じることができる講師陣の姿勢や人間性が尊敬するように感じるのか、見極めることも大事ですよね。
当然、受験者の目標や価値観も進化していくわけですから、進化の速度に講師や予備校が対応できるかどうか。
また、保護者の方や応援者などの環境や価値観も変化していくことを考えてみると、自分自身の価値観をしっかりと持っておきたいものです。
当然、予備校の方としても営利目的が全面に出して、まるでブラック企業のように感じることがあれば、要注意ですね。

そして、目標を決めての行動に迷いが生じたり、気持ちが萎えたりする可能性もあります。そのためにも、今回、目標を設定した動機や気持ちを再確認していくというのはいかがでしょうか。

狙った学校に合格し就職などの次の進路を決める場合にも、役立つことがあると思えます。

何を大切にその道を選んだのか。

時代の流れで、価値観が変装していくことを前提に、進路決定しているとは思いますが、自分の言葉で、周囲の人の言葉を、自分はどのように感じて受け止めているのか。
学習の記録としても活用できるのではないでしょうか。
目標を達成する選択肢の一つとしての予備校入学です。
大切な自分の気持ちを世の中の価値観や流れとの差異をできるだけ少なくして、ストレスを感じないようにし、自分が決めた目標へ進んでいくためにも。

▲先頭へ戻る