目標の設定を再確認しよう!

家庭教師のような雰囲気のグループ学習

家庭教師がいいのか。それとも、勉強する仲間がいる集合型がいいのか。
二者択一という選択方法は、少々、乱暴な思考ですね。

昨今は、グループワークなどが主流となってきているようですが、理解を深めたり、気づきを与えあったりするには、グループ学習が効果的だとも言われております。
グループで意見を言い合うのも学校での授業で効果があっても、それ以上の深い学習や受験勉強にどれだけ適しているのか、予備校としてどのように摂り入れているのかどうかも、体験授業で確認しておくのも一つですね。

それぞれいい部分があるのだけれど、集合型の学習で疎外感を得た経験を持っていると、自分で判断するなら、その旨も体験や問い合わせの段階で予備校に伝えておいた方がストレスの削減につながるのではないでしょうか。

しかしながら、つまずいた問題の時に教えあう仲間がいると励みになることもあるかもしれないですね。

個別型の特徴として

個別型の大通は何と言っても家庭教師でしょう。
しかし、家庭教師という選択をする場合に、自宅を知られたくないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、自宅ではなく、最寄りのカフェでの勉強という、プライベートレッスンという選択で 資格試験対策をしている方もいるでしょう。
しかしながら、プライベートレッスンは、語学習得などには適しているようですが、大学受験とう広範囲の勉強にどれだけ向いて言えるのかいささか疑問が残ります。
そこで、集合型学習法としての予備校ですが、プライベートなエリアは確保しつつ、受験生に応じた対応をしてくださる予備校なのかどうか、どうやって、見極めるか?
という課題を感じられます。
でも、受験勉強に取り組むべき場所でどれだけのプライベート空間が必要なのか、疑問が残りますね。
勉強する項目や内容にもよるのでしょうか。

こうした点を自分でしっかり考えることはとても大事なことです。


▲先頭へ戻る