内容を吟味しよう!

教師の質はどう測る?

講師の方に、その意図はなくても、こちらが不快感を感じてしまうってのも、困りものではないですか。
大切な人生をかけての受験なんだから、不要な不快感は外していきたいです。
一考としては経験者談や、いろんな人の話を参考にするのはどうですか。

最終的に自分で決めるのだけど、世の中で活躍している人の経歴を参照にしてみるという方法もあるよね。
例えば予備校が公表している人の思考を探ってみるのもいいかもしれないね。

高学歴で立派な立場にある人が、とんでもない不祥事で名前を公表されていることもあるから、ね。
有意義で実りある人生を先人の足跡をたどってみるという方法を活用しない手はないんじゃないのかな。

最終的には幾つかの予備校の体験をしてみて、好感を得なくても不快感がない予備校を選んで豊かな人生を歩んでいきたいものです。
その選択肢の一つに、前例にならって、みる、ということかな。

予備校の立地は現実的か?

立地について、考えてみます。
人気の講師が揃っていても、現実的に通学できない場所じゃ始まらないよね。
多くは、駅の近くだけど、その駅に行くまで、自宅が駅から離れている場合は 困りもんだよね。
交通手段が確保されなければ、自宅で狙いの予備校での授業が受けることもできるか探ってみるのもいいかも知れないですね。交通の便が良い都市部に、人気の予備校が乱立している傾向もあるかもしれないけれど、これだけインターネットが普及している現在、通学という枠から 離れても良いかもしれないです。
でも、一人で勉強することで挫折しないかという不安があれば、その解消法も狙いの予備校に相談してみるのも選択肢の一つではないでしょうか。


▲先頭へ戻る